マウスピース

マウスピースとは

マウスピース

「マウスピース」とは口の中の保護装置で、「マウスガード」「マウスプロテクター」とも呼ばれています。

激しいスポーツを行う時に、顎や口のまわりにかかる外からの衝撃をやわらげ、歯の破折や、顎の骨折、口の中や外の軟組織のケガなどを防止します。これは脳しんとうの予防にもなります。

マウスピースは上顎の歯につけることが多いのですが、スポーツの種目によっては下の方にだけ、または上下ともにつける場合もあります。

多くのスポーツ選手は、パワーを出すために歯を食いしばります。マウスガード装着時の食いしばりは、マウスガードをすり減らしてしまいます。

マウスガードは少なくとも1年に1回はすり減りや破損をチェックしてもらい、傷んだものは作りかえることをおすすめします。 また成長期のお子さんは、かならず2~3か月に一度はチェックを受けましょう。

 

マウスガードの効果

スポーツ先進国アメリカの歯科医師会の報告によると、合衆国内でおこなわれるスポーツの試合中にマウスガードを装着することで、年間200,000件以上の口腔領域のスポーツ外傷を防いでいるとしています。

日本においても最近、予防効果が高いという同様な学会報告がみられます。

マウスガードの多様な効果
  • 歯の保護
  • 口腔・口唇周辺部の裂傷予防   
  • 顎部の骨折の予防
  • 顎関節の保護
  • 脳震盪の予防

ホワイトニング前

 

スポーツデンティスト(歯科医)とは

激しい動きをするスポーツやコンタクト(接触)の多いスポーツでは、顎や顔面領域のケガの発生率が高くなっています。

スポーツデンティスト(歯科医)とは、このようなスポーツによる外傷の予防法の指導や、治療などを行います。

また、スポーツをする人に虫歯や歯周病があると、十分に栄養がとれないばかりか、自分の能力も十分に発揮できず、競技に集中できないことがあります。スポーツを行うには、定期的な歯科検診を受けて口腔の管理をすることも大切です。

スポーツデンティストの仕事
  • 顎口腔(がくこうくう)領域のスポーツ外傷の予防と指導
    (マウスガードを作製するなど)
  • 顎口腔領域のスポーツ外傷・障害の診断と治療
    (ケガの応急処置、治療など)
  • 競技力向上のサポート、カウンセリング
    (咬み合わせと全身運動機能とのチェックなど)
  • 口腔の健康管理
    (虫歯、歯周病、歯並びの治療・予防処置・指導など)
  • メディカルスタッフとしての大会や練習への参加
    (チームドクターやオフィシャルドクターとしての助言や、フィールドでの外傷への対応)

 

■口腔トラブルと対処法

顎の骨折では下顎の正中部での骨折が多くみられます。すぐに歯科医院に行きましょう。

.

歯が抜けおちたときは、歯をやさしく洗ってホコリや泥などを落とし、牛乳や水でぬらしたガーゼやハンカチなどで包んだり、乾燥させないようにして、できるだけ早く歯科医院に行きましょう。歯が元どおりになることなることがあります。

.

口のあたりに軽くボールが当たったりしただけでも、そのままにしておくと、歯の神経が死んでしまい変色歯となってしまうことがあります。ちょっとしたことでも歯科医院で検査を受けるようにしましょう。

[資料提供]東京歯科大学 スポーツ歯学研究室/石上惠一 教授

◆このカテゴリの記事
マウスピースとは
マウスピースをお勧めするスポーツ
マウスピースQ&A
マウスピース料金表
Copyright (C) すがわら歯科 All Rights Reserved.